商品の詳細
作家名伊藤若冲
作品名群鶏図(尺五立)
技法版画+手彩色
外径サイズ153×55 cm
作品サイズ
補足説明表装済 尺五立
状態新品
付属品高級桐箱
エディション
【作品解説・掛軸】
十三羽の美しい鶏が密集しながらも、今にも動き出しそうなほど
生き生きと描かれた、若沖の鶏を代表する傑作として知られています。

【作者略歴】
◆伊藤若冲(いとう・じゃくちゅう)
1716年 京都錦小路の青物問屋「桝屋」の長男として生まれる。
1738年 父・宗清没。23歳で「桝屋」の当主となり、四代目伊藤源左衛門を名乗る。
1752年 梅荘顕常(大典)と知り合う。この頃から若冲居士と号する。
1755年 40歳で隠居。以後、画業に専念する。
1758年 「動植綵絵」制作に着手。
1759年 鹿苑寺大書院障壁画に着賛。
1765年 「釈迦三尊像」三幅と「動植綵絵」二十四幅を相国寺に寄進。
1776年 石峰寺「五百羅漢石像」の制作に着手。
1790年 大阪・西福寺「仙人掌群鶏図」制作。
1800年 9月8日、あるいは10日没。85歳。

【掛け軸寸法・体裁】
■寸法  縦153cm×横55cm (尺五立)

■表装 表装済・風帯付
■本紙 絹本
■軸先 陶器
■箱  高級桐箱収納

※ 本商品は、店舗等でも販売している為、
  ご注文のタイミングによっては完売となる場合が御座います
  ので、その場合は、ご容赦下さい。
■伊藤若冲の一覧
※商品画像は、出来る限り商品の色合いに近付けて再現する様、心掛けておりますが、ご使用のモニタによっては実際の色合いと異なって見える場合が御座います。予め、ご了承下さい。
掛軸:掛け軸:_花鳥_にわとり_年中

【アウトレット☆送料無料】 【掛け軸・掛軸】伊藤若冲『群鶏図(尺五立)』版画+手彩色■表装済み・新品★-掛軸

【P】【代引不可】【個人宅配送不可】ESCO(エスコ) ケーブルストリッパー EA580KE-21[ESC112232]


Top